人生らららららーのイメージ

なんとなく書きたいこととか書きます。

残影の夜が明ける時

やりました………

 

シナリオのレベル高すぎる……本当に素晴らしい作品です!なんてまだ言うにははやいんでしょうか。

 

夜の世界とはそもそも何で、夜の生徒たちの正体、その他もろもろの正体や謎が明らかになるたびに鳥肌でしたね。

 

特に睦月が見つかった部分(ネタバレ回避のためにあえてこの表現)は自分の中でいろんな感情がわきおこって混沌とした状態になってしまいました。

涙もこぼれ、悪寒のようなものも感じ、一一方感動みたいなものもある感じで………ああもうこれはシナリオが素晴らしいとそう言わざるを得ない!そんな感じです

 

まああと朝霧を残していますから、本編について長々かたるのは、全てが終わったあとにしましょう。『保留』ということで

 

 

黄昏と残影を終えての段階での、キャラに対する感想を、一言ずつ並べておきます。

 

久我 三厳

主人公としてはかなり好きなタイプ、見ててイライラしたりしないし、なにより行動に共感できることがおおかったり

 

鹿ヶ谷 憂緒

はじめて出てきたときから絶対好きなタイプと思っていました。案の定でした。今後も彼女の心情描写には目が離せない!

 

烏丸 小太郎

まーモブって思ってました。残影の最後、まさか彼がこれほど感動を与えにくるとは。改めて欠かせないキャラだったなあと思います。

 

壬生さん

メインでの立ち位置的なキャラとしては嫌いではないんですが、どうしてもヒロインとしては見られないです。いい人ですけどね

 

風呂屋

あんまり好きではない、主に騒々しいところが。特に思うところがないんですが、まあ消えてしまうときはすこしうるっときました。

 

村雲(弟)

個人的には割りと好き、いやーいいじゃんねこういう根はくそ真面目キャラ。主人公とのやり取りはやや鬱陶しいですけどね。

 

村雲(姉)

スミちゃんは、黄昏のほうのアンリ・シェブロの時本当に鳥肌立つくらい心を動かされました!それからはまあ便利屋という感じで、特におもうことはありませんが嫌いじゃないです。

 

アーデルハイト 

基本的にあまり好きではない、けど告白のときだけはめちゃくちゃかっこよくて、あの場面だけは好きです

 

ルイ

こやつもまた好きなキャラです。めっちゃくちゃかっこいいですからね……彼(女)の格好いいところはネタバレなしには語れませんが

 

リトさん

いつも、困ったらここへ帰ってくる。そしてすべてを受け止め、道を示してれる。

ママ…………

 

その他

ヒナさんと満琉は好きです

 

 

 

 

こーんな感じの感想が、朝霧おわるころにはどうなってるんでしょうね

 

では、多くはかたらず、進みたいと思います。 The final episode of ley-lineへ……

 

You are not alone. It's clockwork ley-line.