人生らららららーのイメージ

なんとなく書きたいこととか書きます。

じゅけんのかんそうとか

お久しぶりです。

東京大学の前期入試が終わって1週間がたちました。
僕はといいますと、あまり時間を有効に使えないでいます。

まずは各科目の感想から

◆1日目
・国語
漢字が3問になっていたものの形式変更はなし。現代文にかなり時間を割き、下手な賭けにはでず、本文の具体的表現はガンガン使っていくスタイルで筋を外さない解答を書きました。「足跡」の書き換えが難しく僕は「過程」としたのですが、SXの友人は「履歴」としたのを聞いて自分のセンスのなさを感じました。
古文漢文は大外しはしてないと思うのでどちらも15くらいはもらえるんじゃないですかね。
去年に比べたらましな滑り出し。

・数学
一番自信がある科目。大幅リードを狙うつもりでした。
………が、全く分からない。
見た目簡単そうな確率に15分頭をひねって(1)すら解けず、他もひとつも完答できませんでした………。
おそらく20点くらいですねこれは、この時点で不合格を確信し、半ば精神崩壊的状態に。
待ち時間ずっと死んだ目をしていましたがみんなの励ましでなんとか社会確認し2日目へ………

◆2日目

・社会
まずハサミを出しているのが自分だけで恥ずかしい思いをする。
世界史の第3問が難しすぎて泣く。5問しかわかりませんでした。というものの、鍛えてもらっていた論述はどれも筆者の要求をくみとれなんとか事故は回避したと思われる。もったいない

地理は65分くらいで気合いで埋めたから何かいたかほとんど覚えてないです。でも直前に見ていた東大OPの地理とほぼ同じ問題が出てラッキーもありました。

・英語
量が明らかに増えた。
マークシートに慣れなかった。
みんなが死んだといっているわりに耐えたつもり


というような感じで、予想点としては
国語 60
数学 20
世界史 35~40
地理 30~35
英語 70

合計 220くらい
なので、合格の見込みがないという………
数学がいつも通りとれてれば合格圏内だったと思うんですけどね………
何回受ければ東京大学に合格できるんだか………

というわけで10日まで憂鬱ですし、10日以降は生きていける自信もないですね。今年ダメだったらもうチャンスはないので。

さようなら。